ブログ 黄麗

かなり怖い九星気学

更新日:

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

黄麗のWEB占いはこちらから!(スマホ対応)

黄麗が初めて、九星気学を学んだのは、

西洋占星術をマスターした後でした。

その時、いたのが、ネーミングの恐ろしさでした。

方位に○○殺と言って、

殺という漢字が使われていることです。

天中殺とか、大殺界とか、

その他の東洋の占星術でもこの殺という字が使われています。

漢字を見るだけで、恐ろしく感じてしまいます。

人は恐怖に縛られる傾向があるので、

黄麗はこの脅しには、疑問を感じています。

本命殺、五黄殺、暗剣殺、的殺…。

怖がらせた方が、流行るから、

こんなネーミングにしたのだろうと思っています。

日本に天中殺という言葉を流行らせた本人が、

後に、天中殺は当たらないと言っています。

まったく、迷惑な話です。

九星気学でも、

その方位に行ったら○○年以内に不運は免れないと脅している文章を読んだとき、

実は、西洋占星術の星のリズムを知っていたので、当たり前だと思いました。

その方位に行かなくても、運気が下がる時期には、それなりのことが起こります。

それが、

方位を冒したからそうなったと考えてしまうと、

当たったと感じてしまいます。

九星気学を活用する時には、

凶方位を避けて、吉方位を活用するのが、理想の使い方です。

しかし、

脅かし過ぎには???です。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

-ブログ, 黄麗

Copyright© 大阪心斎橋の占いの館 占龍館 , 2018 All Rights Reserved.