その19・自分らしく生きるための自由恋愛

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

黄麗のWEB占いはこちらから!(スマホ対応)

先日から新しいテーマでお話しています。

前回はこちら!

その18・何であっても魅力的に!

今回のお題は・・・
『その19・自分らしく生きるための自由恋愛』
についてお話させていただきます。

恋愛にどうして規制ができるのか?
それは、心の領域だ。

規制をするから罪が生まれる。

本来、恋愛とは・・
「自然な成り行き」だ。

打算で結婚した女性は、
のちに本物の恋を知ってしまうかもしれない。

結婚は恋愛ではなく「契約」だ。
家庭を築いていく契約だ。

恋愛結婚であっても、
その恋愛を持続するのは難しい。

だから、契約するのだ。

恋が消えてしまっても、
愛のある家庭を築くように。

昭和の時代までは、家が中心。
女性は世間体を重んじ、耐えた。

平成の時代は、
個の自由が認知されだした。

だから・・・
女性は社会で活躍できるようになった。

では、次の時代は?

どの時代でも、
それで良かった面と悪かった面がある。

どう生きようと、
正解の生き方なんてない。

どこまで、
自分らしく生きることができるか?

それが許される社会になってきた。

これからの時代は、
他人の価値観に振り回されず生きていける人が、
自分らしく生きられる。

他者に振り回されず生きるために
「八柱神」が導いてくれる。

自分の真心に正直に生きる時代。

恋愛とは本来自分の中の問題で、
自由であるはずだ。

恋した相手にパートナーがいれば、
それは「忍恋」となる。

片思いであっても、
恋ができたことを喜べばいい。

固定概念にとらわれずに、
世界中を恋人にしてしまうような
生き方もありだと思う。

今日はここまで。
また明日お会いしましょう。

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

つづく・・・

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館 , 2019 All Rights Reserved.