ブログ 黄麗

その15・ご先祖供養を思うようになって

投稿日:

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

 

 

『黄麗・真理への道』
15回目は「ご先祖供養を思うようになって」のお話です。

 

前回の記事はこちら・・・その14・真言(マントラ)の一日

 

私は、いつからご先祖に対して恩を感じるようになったのだろう?

 

お恥ずかしいことで、三十代半ばに内観セミナーを受講するまで、

お墓参りをしても何をしても、それは形だけで、心の底から恩を感じてはいなかった。

 

私は、全然分かっていなかった。

 

ご先祖様がいて、初めて自分が存在できていることに対して、

それがとんでもなく凄いことだという自覚が無かった。

 

父方の先祖のお墓は石川県白山市にある、以前は松任市と呼ばれていた場所だ。

母方の先祖のお墓は京都府舞鶴市にある。

 

内観で深くまで行くと、必ず先祖と繋がる。

 

先祖を通して、頂いている宝を発見する。

 

親不孝を重ねてきた私が、急に「墓参りをしたい!」と言い出したものだから、

親もびっくりしたようだったが、私と弟を連れて一緒に墓参してくれた。

 

 

 

 

そして、家系図を書いた。

 

4代先までしか分からなかった。

 

今、自分が生きているということは、両親をはじめ、ご先祖様のおかげ以外何ものでもない。

 

身体の中には、きっちりとDNAとして記録されている。

 

私は今まで一体何様のつもりだったのだろう?

 

人のおかげで、人がいて、自分が存在できているのに…。

 

今、この時代を一緒に生きている人達も助け合って生きている。

 

ご先祖様は、時空を超えて、

私という人間の存在を支えて下さっているのだ。

 

 

こういうことが分かって、やっと私の人生は味わい深い人生となった。

 

気づいてなくて、生きて来た私。

 

気づいて、生きていく私。

 

この違いは大きい。

 

 

 

 

 

つづく・・・

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

-ブログ, 黄麗

Copyright© 占龍館 , 2019 All Rights Reserved.