ブログ 黄麗

その2 「戦争に心が痛む」

投稿日:

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

黄麗のWEB占いはこちらから!(スマホ対応)

 

精神世界の旅

精神世界の旅 その2 「戦争に心が痛む」

家のテレビがカラーテレビになったのは1970年代。

私が生まれてすぐは白黒テレビでカラーはなかった。

 

大阪の万国博覧会の年から急速に増えたとのことで
ブームに乗って、家のテレビもカラーになった。

その頃、京都の舞鶴から大阪の枚方市という所に引っ越してきた。

万国博覧会にも両親に連れて行ってもらった記憶が鮮明に残っている。

私は幼稚園児から大阪っ子になった。

私にはテレビは不思議なboxだった。

どんな仕組みでできているのか知りたかった。

「中に人が入っている」と父が冗談で言った。

子供に嘘を教えて、からかってはいけない。

幼児期に子ども扱いしすぎると
大人になってもそれが抜けていない人を多く見かける。

私は、自分の体験があるので、
子供でも大人と同じ魂として接するようにしている。

 

やっと家庭に電話も普及し
今と比べれば
無いものは、電子レンジとクーラーとビデオと乾燥機とパソコンとスマホといったぐらいの状態になった。

扇風機と石油ストーブで、夏と冬を過ごしていた。

終戦から25年が過ぎ
戦いの悲惨さを嫌というほど、周りの大人たちに聞かされた。

「戦争はいけない」

そう言いながら、自分たちはケンカを平気でしていることに
矛盾を感じたり

「嘘を言ってはいけない」

そう言っている本人が
人前で平気で嘘を言っているので
私が本当のことを口にすると
「子供は黙っていなさい!」と
鬼のような顔で怒られたりした。

私はだんだんに、疑問と矛盾に感情がおかしくなり始めた。

テレビを付けると
世界ではどこかの国が戦争をしている。

国内では暴動や殺人事件が起こっている。

「人はどうして人同士、殺し合うのだろう?」

悲しくなって、涙が出てきた。

心が痛い!

 

パンダのぬいぐるみを抱いて、泣きながら眠る日が続いた。

 

ここに、私が今世48歳にして
ベジタリアンに変革する「種」があった。

人が動物を殺している間は
人も動物なので、戦争は無くならない。

その方程式の理解に至った時
私はベジタリアンになってしまった。

私自身の中にも残酷さは十分に備わっている。

自らが、これまで、さんざん悪行を重ね
沢山の周囲の人たちに迷惑を掛けて
助けられて生かされてきた。

懺悔と感謝が私をベジタリアンに変革させた。

 

 

つづく…

 

今日はここまで。
また明日お会いしましょう。

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

▷月神の力を味方につけたい方は、
ぜひ、毎週配信される「黄麗の精密月占い」にご登録下さい。

大自然の動きの中で、
特に月はその引力で地球に影響を与えています。

満ち潮、引き潮という大海をも動かす大きな力です。

人間の体内にある水分も月の支配を受けています。
よって、月は人の精神にも強く影響を及ぼすのです。

あなたの思考が鈍る危険日を知り、
周囲の人のリズムを把握することに役立ちます。

【黄麗の週刊精密月占い&八柱神】

黄麗の無料メルマガを配信中!

毎週日曜日の朝8時に
「黄麗の週刊精密月占い」
で運気アップしませんか?

また不定期で
「見えない世界の力を味方に付ける方法」
をお届けします。

↓↓↓こちらをクリック

◆【黄麗】占術・八柱神について
  もっと理解を深めたい方はこちら!

【黄麗が教える自然法則】法則占術・八柱神を詳しく知りたい方へ・・・

 

◆もっと黄麗を知りたい方はこちら!

【波乱万丈の女!占術家・黄麗の半生】 リンク集

 

人気ランキングに参戦しています!

経営者ランキング

↑クリックでの応援お願い致します(^^♪

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

-ブログ, 黄麗
-, , , , , , ,

Copyright© 占龍館 , 2019 All Rights Reserved.