ブログ 黄麗

その21・戯言にならぬように

更新日:

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

黄麗のWEB占いはこちらから!(スマホ対応)

『黄麗・真理への道』
21回目は「戯言にならぬように」のお話です。

前回の記事はこちら・・・その20・化粧でびっくり!

 

見えない世界を扱うと、嘘と紙一重で、それは嘘になる危険性がいつもある。

ある人には、現実となるものが、ある人には現実化しない。

癌で神に祈って治った人もいれば、同じ神に祈っても治らずに亡くなる人もいる。

治った人にしてみれば、神は存在すると言うし、

治らなかった人は、神なんかいないと言うかもしれない。

信じることの本気さや、心の在り方といった、計れない所で結果の違いが出る。

プロセスが同じでも、現実化すれば本当で、しなければ嘘になる。

黄麗はある数式に注目した。

それは虚数。

i2 = −1 (iの二乗は-1 同じものを掛け合わせて-1になるものは現実には無い)

i4 = 1  (iの四乗は1)

虚のものも4回掛ければ、実数となる。すなわち、現実となる。

やり続けていれば、いつかは嘘でなくなる日が必ず来る。

そんな性質のものが、ある。

今は嘘かもしれない、

しかし、やり続けていたら、本当になる。

人からは、笑われるかもしれない、

バカにされるかもしれない、

その間の辛抱ができるか、できないか。

見えない世界から生まれてくるまでの間、

言い続け、やり続け、現実化させる。

・黄麗は東洋の魔女としてハリウッド映画に出る!

・黄麗は宇宙船から地球を観る!

・黄麗は西暦3000年でも生きている!

戯言になるか、どうか、それは黄麗の命が尽きる時に結果が出る。

それまでは、そんな夢を持って生きることを楽しみたいと思っている。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

-ブログ, 黄麗

Copyright© 大阪心斎橋の占いの館 占龍館 , 2018 All Rights Reserved.