ブログ 黄麗

その26・何が傷つくの?

更新日:

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

黄麗のWEB占いはこちらから!(スマホ対応)

 

 

『黄麗・真理への道』
26回目は「何が傷つくの?」のお話です。

 

前回の記事はこちら・・・その25・米ぬかでメイク落とし

 

 

 

グサッときた!とか、

心が傷ついたとか、

プライドが傷ついたとか、それは、一体どこが傷ついているのだろうか?

 

精神的なダメージを受けるということは、どういう仕組みが働いているのか?

 

心の問題は目に見えない。

 

別に刃物で刺されたわけでもないのに、

ハートにグサッと突き刺さった感覚になるのは、なぜなのか?

 

それは、相手のひどい言葉や態度で起こる。

 

周囲からの状況を自分で悪く思い込んだ時に起こる。

 

精神的なダメージは立ち上がれないぐらいの反応を引き起こす。

 

脳は言葉によって傷つく。

言語プログラミングで動いているからだ。

 

 

良い言葉、褒められれば気持ちが良くなるし、

悪い言葉や暴言を吐かれると怒りが出たり萎縮が起こったりする。

 

脳に起こっていることが、心として反映される。

 

刃物はなくても、脳は言葉で傷つく。

 

自分を責める人や、悲観する人は、自分で自分の脳を傷つけている。

 

怒りは、脳内で起こる電気ショックで、雷のようなもの。

 

怒られることを、「雷が落ちる」と表現されることも、うなずける。

 

強い心を持った人は、言語で傷つかない脳になった人だ。

 

脳のOSのバージョンを上げていくことをしないと、いつまでたっても、弱いまま。

バージョンを上げるということは、旧バージョンの破壊から始まる。

 

イノベーションは内観によって、気づきから起こる。

 

 

 

つづく・・・

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

-ブログ, 黄麗

Copyright© 占龍館 , 2019 All Rights Reserved.