その28・生き切るということ

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

黄麗のWEB占いはこちらから!(スマホ対応)

 

『黄麗・真理への道』
28回目は「生き切るということ」のお話です。

前回の記事はこちら・・・その27・ベジタリアンに注意

 

体験はその人の宝となる。

人間の能力は、危機やどん底になった時、スイッチが入るものがある。

過酷な状態になれば、普段では働かない機能が働きだす。

ゆえに、苦行をする人がいるのだ。

黄麗は、苦行はしたくない。

しかし、自分の能力は最大限に引き出したい。

滝に打たれたり、山を登ったり、体力のいることは苦手。

だから、瞑想マントラをする。

ただ座っているだけが、最初はとても過酷だった。

苦行に感じた。

ところが、やり続けて、ある一定の線を越えると、

それは、もう苦行ではなくなる。

調和に満ちた、別次元の至福がある。

同じことをしているのに、面白いと思う。

眠っている脳を呼び起こすには、

必要だと脳に感じさせることだ。

それは、その時、苦痛の門を通る。

その門を通り抜けることが出来ると、

新しい能力が目覚める。

もう苦行ではなくなる。

楽しくなる。

平穏無事に胡坐をかくと、脳は眠りこけてしまう。

「私は必要ないのね。」と能力が去る。

使い続ける、

鍛え続けるのを止めてはいけない。

それが、生き切るということ。

 

つづく・・・

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館 , 2020 All Rights Reserved.