その他

その32・空海の十住心論 愚童持斎心

更新日:

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

黄麗のWEB占いはこちらから!(スマホ対応)

『黄麗・真理への道』
32回目は「空海の十住心論 愚童持斎心」のお話です。

前回の記事はこちら・・・その31・空海の十住心論 異生羝羊心

愚童持斎心は「ぐどうじさいしん」と読みます。

これは、空海の十住心論の第二段階目です。

「愚童(愚かな少年)にも他に施す心(斎心)が芽生える。」

ここは、節食を思い、五戒を守り、人に施す心が芽生えた状態を表しています。

倫理・儒教的道徳の精神です。

黄麗は、倫理道徳を守って、節食もしている状態で、

やっと二段階目だということに驚いたのです。

五戒を守り、ベジタリアンになって、やっと仏道の入り口ですよと言われているわけです。

人に親切にしたり、施したりしている人を見ると、黄麗は尊敬してしまいます。

ボランティア活動をしている人も素晴らしいと思います。

なのに、空海からすれば、その人達はまだ、この愚童持斎心なのです。

弘法大師さま、ちょっと、厳しくないですか?

この上がまだ八段階もあるなんて!

思想だけではなくて、大切なのは実践です。

今、黄麗はこの二段階目、何とかクリアだと思うけれど、

善行や施しに関しては、全然足りていないと思う。

とりあえず欠点40点として、なんとか合格点を頂いたとして、

次の第三段階目に進んで行きましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

-その他

Copyright© 占龍館 , 2019 All Rights Reserved.