その33・空海の十住心論 嬰童無畏心

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

黄麗のWEB占いはこちらから!(スマホ対応)

 

『黄麗・真理への道』
33回目は「空海の十住心論 嬰童無畏心 」のお話です。

前回の記事はこちら・・・その32・空海の十住心論 愚童持斎心

 

空海の十住心論の第三段階目

嬰童無畏心は「ようどうむいしん」と読みます。

嬰童とは幼子のことで、初心という意味です。

無畏とは煩悩の束縛を脱出していることで、

智慧があるため、教えを説くときに自信にあふれ何ものも怖れない状態のことです。

超俗志向・インド哲学、老荘思想の境地とあって、

道徳、倫理を超え、宗教心の目覚めの段階です。

黄麗は信仰心を強くもっているので、

ここは胸を張って、「合格!」と言いたい。

ところが、インド哲学や老荘思想というのは、

本を読んで学んだことはあっても、

境地にはとてもじゃないが、達していない。

特に老師には尊敬の念を持っています。

古本で、一冊1万8千円もする老師の本を購入するほどです。

本棚には、インド哲学や、老荘思想の本が何冊もあります。

でも実践が…! まだ、頭だけ!

断酒とベジタリアンぐらいで、超俗とは言えません。

俗の世界で、占い事業もしています。

スマホも手放せません!

黄麗はオシャレなファッションや宝石や美術品が大好きです。

弘法大師様!

ここで、落第でしょうか?

信仰心に免じて、ぎりぎり欠点の40点で合格させて頂けますでしょうか?

……。

…お許しが出たようなので、次に進ませて頂きます。

 

つづく・・・

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館 , 2020 All Rights Reserved.