その36・生まれつき内臓の奇形です

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

黄麗のWEB占いはこちらから!(スマホ対応)

『黄麗・真理への道』
36回目は「生まれつき内臓の奇形です」のお話です。

前回の記事はこちら・・・その35・空海の十住心論 抜業因種心

 

空海の十住心論六段階目を語るには、

落第留年の五段階目をクリアしなくては、前に進めません。

カルマ断ちという所で、引っかかっている黄麗に

耳を疑うような衝撃の事実が!

黄麗は家族性高脂血症で悪玉コレステロール値が400と異常に高かったので、

心筋梗塞や脳梗塞の危険性があると言われ予防の為に病院に通っていました。

小学生の時から検査に引っかかっていました。

これは遺伝です。

遺伝は先祖からの業(カルマ)です。

薬を飲んでも、完全ベジタリアンになっても基準値まで数値は下がりませんでした。

一般に悪玉コレステロール値は100が正常と言われています。

家族性高脂血症の人は70ぐらいまで落とすことが必要だそうです。

えーっ! そんなに低くまで?

そんなの無理!と思いました。

ところが、

いくら、薬を飲んでも下がらなかったのに、

画期的な注射の新薬が開発されて、まだ保険は利かないのですが、

それを投与したおかげで、現在30という今までにない低い数値になりました。

これで、一安心、

高コレステロールが原因で起こる病気や

心筋梗塞や脳梗塞のリスクはかなり低くなりました。

ところが、ところが、

エコーで胆のうに胆石が発見されてしまいました。

全く無自覚! 黄麗は健康です!

まぁ、あれだけ長年コレステロール値が高かったのだから、仕方がないと思いました。

そして、精密検査でCTやMRIといった内臓をスキャンした結果、

「生まれつき内臓の奇形です。」

と医師から。

はぁ~?

生まれつき?

私、今51歳なんですけれど、今頃そんなこと言われても!

「胆管と膵管の合流異常です。

変な場所で繋がっている奇形です。

膵液が胆のうの方に逆流して、胆のうの壁が異常に厚くなっています。」

えーっ!

それって、生まれてから、ずっとそうだった訳ですよね!

51年間知らずに生きて来たんだ!びっくり

子供時代からの過去の記憶をさかのぼれば、

自律神経失調症で片付けられてきた身体の不調の謎が解けた。

食事をすると極端にしばらく動きたくなかった原因は、これだったのだ。

だから、ベジタリアンになったら内臓の負担が減って、体調がとても良くなった訳だ!

現代だから分かる事実。

有難いと思った。

長年の謎が解けて、心がスッキリしたキラキラ

また一つ無明から抜け出せたキラキラ

このカルマを取り除くには、

食物に感謝して、そして殆ど食べない微食にし、

呼吸によって、プラナーをエネルギーとして摂取するしか道はないことを示しています。

奇形のおかげで、カルマのおかげで、導かれています。

ベジタリアンから微食へと移行がはじまりました。

今頃になって、明らかにされたのが、ちょうど良いタイミングだったと思いました。

子供の頃に分かっていたら、それは導きの役目をしなかったからです。

早すぎもせず、遅すぎもせずの天のお知らせです。

波乱万丈からは、抜け出せていませんが、

追試の試験でとりあえず進級を許して頂けて、

空海の十住心論、第六段階目に進ませて頂きます。

つづく・・・

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館 , 2019 All Rights Reserved.