その52・科学で証明できないけれど

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

黄麗のWEB占いはこちらから!(スマホ対応)

『黄麗・真理への道』
52回目は「科学で証明できないけれど」のお話です。

前回の記事はこちら・・・その51・当たり前になっていることに感謝

真実なのに科学では証明できないものが沢山ある。

言い方を変えれば、科学で証明できるものの方が断然少ない。

科学だけを信じて生きると、その証明された狭い世界以外を否定することになる。

否定しなくても、証明されていないものを信じることは難しくなる。

「こころ」は心理学という学問が体系化されている。

しかし、科学的に証明できるものではない。

同じ条件下で同じ結果を得ることができないからだ。

奇跡の水と言われるもので病気が治ったら、

それが科学的に分析して、ただの水であっても、

病気が治ったという事実のほうに価値があると思う。

その病気が治った本人にしてみれば、間違いなく奇跡の水だ。

しかし、その噂を聞いて、自分もあやかろうと思って試してみて、

病気が治らなければ、それは、その人にとっては、ただの水になる。

ましてや、それに大金を払っていれば、詐欺だと訴えたくもなるだろう。

そのお金は治るための代償だったのだから。

そこで、気づいてほしいのは、治る人と治らない人の違いは何かということ。

また、同じ条件であったのは何かということ。

黄麗は科学で証明できないことでも、

科学的な思考を使って理論的に推測するのが好きだ。

最後は「神様」「信仰の強さ」「祈り」「信念」等という言葉が答えになるが、

そこに行きつくまで、徹底的に洞察したい。

占いやスピリチュアル系に多い妄信や迷信に陥らないためにも。

占いに関わっているからこそ、真理から外れないように注意している。

つづく・・・

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館(対面+オンライン占い) , 2022 All Rights Reserved.