ブログ 黄麗

その64:真理の勉強会

更新日:

 

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

セキララにこれまでの人生の振り返る
「波乱万丈の女!占術家・黄麗の半生」・・・

その64回目は「その64:真理の勉強会」のお話です。

その前に・・・
こちらはすでにお読みいただいていますか?

前回の記事はこちら!→「その63:「今日の言霊」を書き始める」

内観セミナーを終え、これからが人生の本番。

私はさらに深く学ぶ必要があった。

神戸の師匠の自宅に毎月か隔月、
20人ぐらいのセミナー修了者が集まる真理の勉強会に参加した。

テーマを決めて、各人が師匠と話し合った。

自分の順番が回ってくるまで、
他の人の話を熱心に聴きながら、師匠の返答が大変勉強になった。

13時から17時までみっちりと話し合った。

その後、希望者のみ師匠とご飯を食べに行く。

 

私はその時間がとても楽しみだった。

ある中華屋で、師匠がゲームをしようと言い出した。

私たちは10名ほどいた。

何をするのかと思ったら、
「私」と言ったら100円テーブルに出すと言うゲームだった。

「私」と言う言葉を使わずに会話するのは、実際とても難しかった。

つい、言ってしまう。

多い人は1000円ぐらい支払うことになった。

私は気をつけていたけれど、200円支払った。

全部飲食代の足しになった。

「みんな、いつも意識しないで、
かなり、『私が』って言葉を使っているのか、分かっただろう?」

そう師匠が言った。

私たちは「私が、私が、」と我の強い者ばかりが集まっていたので、
お互いの顔を見合わせた。

少し、恥ずかしくなってしまった。

師匠は直接指摘をするのではなくて、
自らが気付くように、食事をしながら楽しくゲームで教えてくれた。

常にそれが師匠の導き方だった。

続きはこちら!→「その65:物の見え方、考え方が自分の位置」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

-ブログ, 黄麗

Copyright© 占龍館 , 2019 All Rights Reserved.