その65・愛情いっぱいのベジタリアン食

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

黄麗のWEB占いはこちらから!(スマホ対応)

『黄麗・真理への道』
64回目は「集団が狂う時」のお話です。

前回の記事はこちら・・・その64・集団が狂う時

ベジタリアンになって、ますます元気で美しくなれている黄麗。赤薔薇キラキラ

しかし、ベジタリアンになって体調を崩す人もいる。

その違いは何なのか?

それは心の状態と受け取れる愛の量による。

黄麗のベジタリアン食は、洗練された食材を頂いている。

無農薬のピロール米

新鮮な地物の無農薬の野菜。

その他こだわりの食材ばかり。

なぜ、良いものを食べるのかというと、

そこには人の愛情も大自然のエネルギーも十分には入っているからだ。

そして、食する方の黄麗も毎食をとても美味しいラブラブ

を感じながら食べることが出来ている。

例えば、

「一本のバナナがこんなにも美味しかったなんて!」バナナキラキラ

今までバナナを美味しいなんて感じなかった黄麗が、バナナを有難く思えるようになれた。

そして、外食に至っても、理解と協力の心のあるお店は、特別メニューを作ってくれる。

そこの店主の深いを感じずにはいられない。

周りのを沢山受け取ることが出来ているから、

それは、動物を食べないということで不足するエネルギーの

質と量を超えたものを吸収できている。

深い感謝と慈悲の心が、それを吸収できる。

だから、健康で、ますます健康になっていく。

しかし、「ベジタリアンになってから、まともなものを食べていない」

という人は、要注意というよりも、危険雷だ。

そこには、食に対しての感謝が欠けているからだ。

自分に対してのも欠けている。

イコール、周りの人への愛も欠けていることになる。

人間はが無くては、生きられない霊性だ。

黄麗はベジタリアンになってからの方がとても心豊かな食事をしている。

いっぱいの生ジュースしか飲まない日があっても、

その生ジュースが今まで食べて来た豪華な肉食よりも豊かな食事なのだ。

それを、分かって飲むから何倍ものというエネルギーを吸収できる。

また、まずいと感じるものは、絶対に食べてはいけない。

それはその人にとってはだからだ。

ベジタリアンになると、味覚も正常に戻るのでとても味に敏感になる。

世の中の食品は毒にまみれている。

それが分かるから、心ある生産者によって作られたものを選ぶようにしている。

良質の野菜は肉よりも高い。

ベジタリアンは贅沢の極みだと、黄麗は思っている。

キラキラ愛している自分に心豊かな最高の食生活を与えている。キラキラ

つづく・・・

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館(対面+オンライン占い) , 2022 All Rights Reserved.