ブログ 黄麗

その70:受け手に知識がなければ伝わらない

更新日:

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

セキララにこれまでの人生の振り返る
「波乱万丈の女!占術家・黄麗の半生」・・・

 
その70回目は「その70:受け手に知識がなければ伝わらない」のお話です。

その前に・・・
こちらはすでにお読みいただいていますか?

前回の記事はこちら!→「その69:天国は方向性、地獄の先に天国はない」

師匠の話で思い出した事。

「幼稚園児に、大学で学ぶような事の話をしても、
理解できないように、受け手に知識がなければ、話は伝わらない。
一所懸命、分からない人に話をしても、エネルギーが減るだけだ。」

これは、最近思い知った事がある。

それは、ITの用語です。

聞いても「なに? それ?」と話が進まない。

私にIT用語の知識がないから。

スマホやSNSやLINEに関しても、
その知識が無いので、まだまだ、使いこなせていない。

少し前まで無かったものが、
若い世代を中心にして、世の中に広まってきている。

インスタの存在を知ったのも、
かなり流行った後からでした。

「えー! 知らないの?」

・・・友人から、そう言われてしまった。

正直、ついて行けていない。

初めて聞く言葉が、最近やたらと増えだした。

だから、「なに? それ?」から、始まる会話が多い。

私が知識をつけないかぎり、話にならない。

頭の固い年寄り、考の古い年寄りを若い時代に私は
「あんな風には、ならないでおこう!」と心に決めていた。

だけど・・・いま、非常に危機感を感じている。

同情すらも感じてしまう。

過去の私からのメッセージを、受け止めて、決めた事は、守る!

いつも今を生きる人でありたい。

黄麗のこれからのチャレンジは、
過去はこうであったという固定概念を外して、
新しい知識をどんどん身につけていくこと。

人類を通しての、神様からのプレゼントをきっちり受け取っていく決心です。

続きはこちら!→「その71:何もしないで何とかなりたいのがダメ」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

-ブログ, 黄麗

Copyright© 占龍館 , 2019 All Rights Reserved.