その77:邪魔くさがりはお金を損する

 

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

セキララにこれまでの人生の振り返る
「波乱万丈の女!占術家・黄麗の半生」・・・

その77回目は「その77:邪魔くさがりはお金を損する」のお話です。

その前に・・・
こちらはすでにお読みいただいていますか?

前回の記事はこちら!→「その76:欲はOK 欲張りはダメ」

真理の勉強会で師匠がよく言っていたこと

「日常生活の当たり前のことを大切にするように」

事業をしている人も多かったので、経営や経済の話も度々出た。

師匠自身も運輸会社の代表取締役をしていた。

経済的に豊かな人も、豊かでない人も勉強会の中にいた。

「邪魔くさがりは、お金を損する。」と師匠が言った。

この言葉にドキッとした人が何人かいた。

私もその中の一人だった。

小さなことを大切にしない人は、大切にしない分、お金を失うことになる。

邪魔くさいから…と、

物事を人に頼めばお金はかかるし、
放置すれば、余計な損失を被ることも少なくない。

また、お金を得るチャンスを逃すことも多くなる。

それは、大きな損失だ。

 

「邪魔くさがらず、損得を考えず、
人の為にと細心を尽くせば、自然に豊かになっていくものだ。」

そう師匠が言った。

ちょっとした心遣いが、出来るか出来ないか・・・

これが、運命の分かれ道。

勉強会の時、私はいつも真剣に話を聴いて、重要なところをメモしていた。

このことは、邪魔くさがって、
メモも取らない人に対して、暗に言った言葉だった。

しかし、私は他のことで、邪魔くさがってしていないことが沢山あった。

自宅に帰ったら、さっそく、それをちゃんとしようと思ったのだった。

その日から、私の中の「邪魔くさい」という言葉が消えた。

続きはこちら!→「その78:心が貧乏な間は「もっともっと」となる」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館 , 2020 All Rights Reserved.