その8「肉体に備わった霊的器官」

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

黄麗のWEB占いはこちらから!(スマホ対応)

 

精神世界の旅

その8「肉体に備わった霊的器官」

 

人間は左右二つの眼を授かって生まれてくる。

眼は、光の反射によって、周囲を見ることができる。

しかし、正しく見ることが出来ているわけではない。

「たとえば、ポストは赤い、豆腐は白いなどというが
実際に見てみると、決してそんなことはない。
赤いとか白いとかいうのは
頭でつくりあげた概念でしかない。」(魂世紀P72)

正しく物を見ているつもりで、私たちは生活している。

私たちは、肉体の感覚器官だけではなくて
霊的な感覚器官も授かって生まれてきたことを
思い出す必要がある。

 

眉間の位置に「第三の目」と言われるものがある。

この目は、見えない世界を感知できる。

霊の目、霊の耳、霊の鼻、霊の下、霊の手…。

肉体に重なるようにして、霊的な感覚器官が存在している。

ヒンドゥー教のタントラやヨガの世界では
それを
チャクラ」と呼ぶ。

チャクラとは、体に存在するエネルギー(プラーナ)の出入り口で、
サンスクリット語で「車輪」とか「回転」を意味する。

人体の頭部や胸部、腹部などにある中枢を指している。

チャクラは身体の前面と背面に7つあり

第一チャクラ(ムーラーダーラ)
尾てい骨

第二チャクラ(スヴァディスターナ)
おへその下

第三チャクラ(マニプーラ)

第四チャクラ(アナハータ)
心臓

第五チャクラ(ヴィシュッダ)

第六チャクラ(アージュニャ)
眉間

第七チャクラ(サハスラーラ)
頭頂部

となっている。

それは、目に見えるものではない。

身体のどこを手術してもそれは出てこない。

しかし、
霊的感覚が開くと
それがあることが分かるようになる。

ヨガや気功や武道を習うと良いと思う。

頭だけでなくて、体を使って学ぶことが大切だ。

私自身も護道という自他護身術を習って
「気」がハッキリと見えるようになった。

そして、肉体においては
正しい姿勢というものが
いかに重要かも思い知らされた。

肉体を疎かにしてはいけない。

それは、物資化した霊体なのだから。

 

つづく…

 

 

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

 

【黄麗の週刊精密月占い&八柱神】

黄麗の無料メルマガを配信中!

毎週日曜日の朝8時に
「黄麗の週刊精密月占い」
で運気アップしませんか? 

大自然の動きの中で、
特に月はその引力で地球に影響を与えています。

満ち潮、引き潮という大海をも動かす大きな力です。

人間の体内にある水分も月の支配を受けています。
よって、月は人の精神にも強く影響を及ぼすのです。

あなたの思考が鈍る危険日を知り、
周囲の人のリズムを把握することに役立ちます。

また不定期で
「見えない世界の力を味方に付ける方法」
をお届けします。

↓↓↓こちらをクリック

◆【黄麗】占術・八柱神について
  もっと理解を深めたい方はこちら!

【黄麗が教える自然法則】法則占術・八柱神を詳しく知りたい方へ・・・

 

◆もっと黄麗を知りたい方はこちら!

【波乱万丈の女!占術家・黄麗の半生】 リンク集

 

◆タロットを学びたい方はこちら!

【タロット占い・当たる神秘のカード】リンク集

 

人気ランキングに参戦しています!

経営者ランキング

↑クリックでの応援お願い致します(^^♪

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館 , 2020 All Rights Reserved.