その84:暗いのは相手のエネルギーを奪っている

 

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

セキララにこれまでの人生の振り返る
「波乱万丈の女!占術家・黄麗の半生」・・・

その84回目は「その84:暗いのは相手のエネルギーを奪っている」のお話です。

その前に・・・
こちらはすでにお読みいただいていますか?

前回の記事はこちら!→「その83:愛と信は無条件」

人に迷惑をかけている自覚がないのが、暗いこと。

くよくよと悩んでいたり、
悲観的であったり、
ネガティブな発言をしている

 

そういう状況にある本人は、
自分が苦しいから、
相手のことまで気が回っていない。

この消極的な行為はタチが悪い。

朝、早起きして、
経営者が集まって朝から純粋倫理を学ぶ会に参加を続けていた私。

明朗な心がどれほど大切かを学んだ。

明るい心で物事を行うのと、
暗い心で物事を行うのでは、結果が違ってくる。

同じ行為でも、心の在り方、明るさ、温かさで、招く結果が違うのだ。

そして、集まってくる人も、縁も違ってくる。

暗くなって、いい事なんか何も無い。

大変な時、苦難な時ほど、明るくいれば、チャンスも見えてくる。

人間誰しも暗くなることはある。

私だってある。

しかし、それを、暗くなっていると、
自覚出来れば、明るくするのとは可能だ。

いつまでも、暗い自分を続けなくてもいい。

明るくある事が、人にも明るさを分け与えられる。

暗いのは人にマイナスを与えている。

今自分がどんな状態かに気づくこと、
これが内観をしていると観えるようになってくる。

分かれば、チェンジできる。

明るい心は周囲をも明るくする。

続きはこちら!→「その85:「〜になったら幸せ」は幻想」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館 , 2019 All Rights Reserved.