その86:感謝をひたすらに深めて行けば

 

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

 
セキララにこれまでの人生の振り返る
「波乱万丈の女!占術家・黄麗の半生」・・・

 

その86回目は「その86:感謝をひたすらに深めて行けば」のお話です。

その前に・・・
こちらはすでにお読みいただいていますか?

前回の記事はこちら!→「その85:「〜になったら幸せ」は幻想」

内観によって、三十代後半でやっと「感謝」に目覚めた黄麗。

感謝をひたすらに深めて行けば、
今まで見えなかったものが見えてくるようになった。

感謝の土台があって、幸せがあることも分かった。

口で言うのは簡単でも、
実際に感謝をひたすらに深めるとは、
日常生活では難しかった。

意識していないと、すぐに忘れてしまう。

どこか特別な場所に行く必要はない。

普段の生活の場が修行の場。

何か特別なものになる必要もない。

ありふれた日常の中、
平凡な中で感謝をひたすらに深めて行く。

最初は意識していないと、物事に囚われて、
すぐに感謝から外れてしまうことが多かった。

感謝の中にいる時は、

「なんて、幸せなのだろう!」

そう思う日々が続いた。

しかし、日中はやはり、忘れてしまう。

意識せずにいると、人は感謝を忘れてしまうものなのだ。

だから、朝晩、改めて祝詞を上げたり、お経を読んだり、
瞑想したりする時間を持つようにした。

毎日感謝の時間を改めて設けることによって、
その位置に戻ることができる。

ご先祖様もそのようにされていたのだと、
手を合わせながら、湧き上がってくる感謝の中で、
何とも言えない至福の中で毎日を過ごした。

それは、今も続いている。

続きはこちら!→「その87:法則は作れない」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館(対面+オンライン占い) , 2022 All Rights Reserved.