その87:法則は作れない

 

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

セキララにこれまでの人生の振り返る
「波乱万丈の女!占術家・黄麗の半生」・・・

その87回目は「その87:法則は作れない」のお話です。

その前に・・・
こちらはすでにお読みいただいていますか?

前回の記事はこちら!→「その86:感謝をひたすらに深めて行けば」

黄麗は子供のころから友人たちを占っていました。

それは感性を使った占いだった。

学問のことは何も知らなかった。

30代の半ばに学問として占星術を学んだ。

 

法則は人間が作ったものでは無い。

法則は作れない。

大自然の営みの中で、初めからあるものだ。

それを人間が発見した。

人間は発見しただけで、作ったわけではない。

占星術を学んでいて、黄麗はそう思った。

人間が、占星術を作ったのではない。
ただ発見したことを体系化しただけだ。

そう考えると、占星術に全幅の信頼を置けた。

私たちは宇宙の法則の中で生きている。

法則を知っているのと、知らずに生きるのとでは、命にもかかわってくる。

占星術の歴史は、古代バビロニアに始まったと言われている。

バビロニアでは、
紀元前2千年頃に天の星々と神々を結びつけることが行われていた。

天の徴が地上の出来事の前兆を示すとされた。

つまりは、法則を発見したのだ。

私は、どんどん占星術にのめりこんでいった。

家の本棚にはびっしりと占い関連の本が並んだ。

 

続きはこちら!→その88:宿命とはその場所に生まれること

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館 , 2019 All Rights Reserved.