ブログ 黄麗

その89:勝手に決めている役目思考

更新日:

 

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

セキララにこれまでの人生の振り返る
「波乱万丈の女!占術家・黄麗の半生」・・・

 
その89回目は「その89:勝手に決めている役目思考」のお話です。

その前に・・・
こちらはすでにお読みいただいていますか?

前回の記事はこちら!→「その88:宿命とはその場所に生まれること」

真理の勉強会で、「囚われ」の事について師匠が話した。

私たちは15人ぐらいで話を聴いていた。

・・・社会での役目、家庭での役目、みんな色々な役目をしながら生きている。

例えば、会社なら、社長や部長や課長と言った肩書きの役目。
家庭なら父親、母親、夫、妻、子供…。

でも、それは、役者が演じる役に過ぎない。・・・

そして、こう言い切った。

「本来、役目なんて無い!勝手にそうだと決めているだけだ。」

それを聞いた私は、

「えっ?」と思った。

社会は皆、それぞれに役目をやってくれるから、機能している。

 

教育では、社会の役割や役目の重要さを学んだ。

それなのに、勝手に決めているだけの役目思考だという。

その囚われに疑問を持つように促された。

師匠は、私たちが当たり前に思っているものに対しても、同様な話をした。

その度に、私は「えっ?」と、
全く無知で無防備の頭をつつかれている様な感覚になった。

「唯一、役目というものがあるとするならば…」話は続いた。

私は、興味津々でその答えを聞きたかった。

それは、対人間にではなく、魂に対してのものだった。

師匠の言っている意味は深かった。

つづく・・・

続きはこちらです。→「その90:自分を輝かすのが自分の役目」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

-ブログ, 黄麗

Copyright© 占龍館 , 2019 All Rights Reserved.