その93:その人をそのまま認める

 

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

セキララにこれまでの人生の振り返る
「波乱万丈の女!占術家・黄麗の半生」・・・

その93回目は「その93:その人をそのまま認める」のお話です。

その前に・・・
こちらはすでにお読みいただいていますか?

前回の記事はこちら!→「その92:愛されたいと求めている間はガキ」

その人をそのまま認めることが出来る人は・・・

自分自身もそのまま認めることができる人。

人間関係での悩みは、
そのままのその人に対しての不満から起こる。

その不満は、その人の存在を否定することで、
問題を解決しようという間違った方向に行きやすい。

ましてや、それが自分に向けられたときは、
自らの命を絶つことを選択しかねない。

「あるがままを認める」とかよく言われなすよね。

しかし!

人間の頭は、レッテル貼りが得意で、自分なりに意味づけして判断してしまう。

意識しないと、そのままを認めることは難しい。

すぐに頭の判断が入ってしまう。

しかし、大自然は、そのままでOKを出している。

それに対して、人間が勝手に良いとかダメだとかと言っているに過ぎない。

そんなことが、自分なりに理解できて、
あるがままを受け入れることが随分とできるようになった。

その分、人間関係が楽になったし、
外の世界に対して怒りを覚えることも無くなった。

怒りの感情が、理解によって湧かなくなった。

逆に今までの自分が滑稽に思えてきた。

あるがままを認めていなかった傲慢さに。

私は、私自身をそのままに認めることが出来るようになって、
人も同じように認めることができるようになった。

まずは、自分から。そこがスタートだった。

 

続きはこちら!→「その94:自分が許されているのに」

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館(対面+オンライン占い) , 2021 All Rights Reserved.