ブログ 黄麗

その95:謙虚な霊が高級霊

更新日:

 

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

セキララにこれまでの人生の振り返る
「波乱万丈の女!占術家・黄麗の半生」・・・

 
その95回目は「その95:謙虚な霊が高級霊」のお話です。

その前に・・・
こちらはすでにお読みいただいていますか?

前回の記事はこちら!→「その94:自分が許されているのに」

黄麗は子供の頃から霊的な体験が多かった。

見えない世界は、見える世界よりも格段に広い。

私たちに見えているのは、現実のほんの一部分だ。

ましてや、目から入る映像で、脳は錯覚もしてしまう。

だから、真実は全く見えていないと言ってもいいぐらいだ。

私たちは、肉体をまとっているが、完全に霊的な存在だ。

自分を霊だと自覚して生きている人は、
他の物質の背後にある霊的な存在も見ることができるようになる。

見えない世界の霊は色々だ。

自称、神として霊媒師を操る霊もいる。

大体、エラそうな態度の霊は、ろくなものじゃない。

私たちを指導してくれる「指導霊」は、同じ目的を持つ肉体の無い存在だ。

肉体のない先生なのだ。

私たちに気づきを促してくれたり、アイデアを与えたりしてくれている。

決して、自分一人の力で、ひらめいたりしている訳ではないのだ。

高級霊たちは、いたって謙虚だ。

意のままに操ろうとしたりしない。

導きはしても、本人の意志を尊重する。

「お手伝いさせていただきましょう。」という風な感じだ。

さらっと、軽い。

重くなるのは、欲望の多い霊たちだ。

霊の話は、生きている人間の話となんら変わらない。

欲望が多ければ、どろどろと重くなる。

自分の心の状態が、色々なものを引き寄せる。霊も同じ。

同じ波動の所に、同じものが寄って来る。

自分が謙虚になれば、高級霊と瞬時につながる。

何もかも、自分次第。

黄麗が、そういう風に、物事を捉えられ、
見えるもの、見えないもの、すべての存在に感謝の日々を送れるようになった。

きっかけは、肉体を持った師匠という指導霊との出会いからだった。

 

続きはこちら!→その96:人間、気づいて変われたら勝ち

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

-ブログ, 黄麗

Copyright© 占龍館 , 2019 All Rights Reserved.