ブログ 黄麗

その97:自分という私が、私を育てる

更新日:

 

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

セキララにこれまでの人生の振り返る
「波乱万丈の女!占術家・黄麗の半生」・・・

その97回目は「その97:自分という私が、私を育てる」のお話です。

その前に・・・
こちらはすでにお読みいただいていますか?

前回の記事はこちら!→「その96:人間、気づいて変われたら勝ち」

内観セミナーで学ぶものは、自己客観視だ。

それも、超自己客観視という超がつくレベルだ。

自分から抜け出して、自分を自分の子供として観てみる。

自分が親であり、自分が子になる。

また、自分が子であり、自分が親になるという逆のこともする。

自己責任という言葉がある。

自分を育てるのは、自分の責任だ。

もう、誰かのせいにしない。

親は産んでくれただけで、命の恩人だ。

ましてや、母は十月十日私を守って過ごしてくれた。

私はこの生で子供を産んで、母親になることはできなかった。

私は、私という子供で精いっぱいだった。

今でも、私をまだまだ育てないといけない。

子供を産めなかったことを悔やんだりはしない。

ただ、ただ、産んでくれた両親と命をつないでくれたご先祖様に感謝しかない。

そして、子供を産まなかった私は、ご先祖様の血の流れの末端にいる。

すなわち、地球が出来てから、人類が誕生し、その血の流れの最後の人間なのだ。

そう、自覚すると、最後の仕上げの人間として、
これからは、ご先祖様に対して、
恥ずかしくない人生を全うしたいと思うのであった。

私は、私という人間を芸術する。

そう誓った。

続きはこちら!→「その98:外の世界は中の自分を育てる原資」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

-ブログ, 黄麗

Copyright© 占龍館 , 2019 All Rights Reserved.