タロットカードの数字の意味

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

黄麗のWEB占いはこちらから!(スマホ対応)

タロットカードの小アルカナ4つのエレメントに分かれています。

棒ワンド(火)、コインペンタクル(地)、剣ソード(風)、杯カップ(水)です。

Aceから10まで、そして人物カードのペイジ、ナイト、クィーン、キングと

14枚ずつの組み合わせで、合計56枚です。

タロットカードの小アルカナのAceから10までの数字には意味があります。

Aceは始まりや本質を表します。

2はバランス

3は物事の顕現

4は安定 休止

5は混乱

6は調和

7は向上・望み

8は重ねる・時間

9は最終形の一歩手前 最高潮

10は最終形であり、次への始まり

この中で、面白いなぁと思ったのが、ワンドソードです。

どちらとも最後の10のカードは悲惨さを表しています。

力だけでも最後は悲惨、知性だけでも最後は悲惨ということを物語っているのです。

そして、コインカップは豊かさを表しています。

最後の10のカードは愛情と物質の両方の豊かな状態を表しています。

小アルカナ一枚一枚にも、個別に意味はあるのですが、

数字の意味でそのカードが表れていることもあるので、

リーディングする時に、間違えると正しい占断が出来なくなります。

リーディングは、カードが何をささやいているかを聴き取ることです。

同じカードでも、カードの中にたくさんの意味があります。

それは、占星術で星の意味をひも解くときと、

まったく同じように、直観力ひらめき電球が必要になます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館 , 2020 All Rights Reserved.