ブログ 黄麗

今年の要注意の星座

更新日:

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

黄麗のWEB占いはこちらから!(スマホ対応)

 

先日、

体調が良くなくて、元気がでない

という知り合いのホロスコープを調べてみました。

なんと、出生の太陽と月の両方に現在の火星が凶角を組んでいました。

ダブルで火星に攻撃されている状態です。

それは、元気が出なくても仕方がない状態で、

それだけで済めば、喜ばなくてはいけないレベルです。

火星が出生の太陽や月に凶角を組むと、

ケガや病気やトラブルと言ったことに要注意の時期となります。

火星の公転周期は1.88年、

どんな人でも約2年の間に少ない人で4回、多い人で8回、

出生の太陽や月に凶角を組みます。

活動する時期と、休息する時期などのメリハリをつけるのなら、

火星の動きに合わすと仕事がはかどるリズムになります。

太陽星座や月星座が、定着星座であるおひつじ座、しし座、さそり座、みずがめ座の方は、

11月16日までは、火星が凶角0度(吉凶両方)、90度180度を組んでいるので、

ハードなことは避ける方がよい時期になっていました。

知り合いの太陽星座はおうし座で、月星座はさそり座です。

ですから、ダブルで火星の悪い影響が来ていたわけです。

2018年11月16日から2019年1月1日までは、火星はうお座に位置しますので、

変通星座のふたご座、おとめ座、いて座、うお座の方が要注意期間になります。

その次は、2019年1月1日から2月14日までおひつじ座に位置しますので、

運動星座のおひつじ座、かに座、てんびん座、やぎ座の方が要注意期間になります。

このサイクルを繰り返していきます。

火星が凶角を組んでいる時は、

風邪などを引くと、こじらせ易い時期ですから、皆様も気を付けて下さいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

-ブログ, 黄麗

Copyright© 占龍館 , 2019 All Rights Reserved.