冥王星は惑星から外されても

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

黄麗のWEB占いはこちらから!(スマホ対応)

 

冥王星さそり座の守護星です。

1930年に発見されました。

それまでは、さそり座の守護星は火星でした。

冥王星の公転周期は約248年です。

2006年までは、太陽系第十番惑星として、その地位がありました。

しかし、その年の8月に冥王星は、

国際天文学連合によって、惑星から降格させられ、準惑星に分類されてしまいました。

黄麗はさそり座なのです。

私の守護星が降格だなんて、大ショックでした。

冥王星破壊と再生

核爆弾や原子力を象徴する星です。

そんな星は格下げになった方が良かったのかもしれません。

人間の意識が核爆弾をNOと思うことと

シンクロニシティした結果と思えば喜ばしいことかもしれません。

この冥王星の扱いを占星術上ではどうするのか?ということに関しては、

冥王星が無くなったわけではないので、

そのまま惑星として取り扱うこととなりました。

冥王星が、惑星から外されても、

1930年に発見されて、意味づけされた事柄が変わることはありません。

以前と変わらず、

さそり座の守護星の地位からは追われずに済んだのでした。

私もそうですが、

占星術を扱っている占い師はほっとしたと思います。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館 , 2020 All Rights Reserved.