占いにおける「霊感」の本当の意味とは?

 

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

「霊感」と聞くと、どのようなイメージを持ちますか?

黄麗も、霊感占い師の一人です。

今日は、占いにおける「霊感」の本当の意味についてお伝えします。

「霊感占い師」には様々なタイプの人がいます。

見える系、聞こえる系、感じる系など

そして、近年「スピリチュアル」という言葉に

置き換えられていることも多いです。

「霊感商法」などが、新聞を賑わしたこともありました。

「あなたに浮かばれない霊が憑いているので、お祓いが必要です」

そう言って、高額の祈祷料を請求するような自称霊能者も存在します。

「霊感」と書くと広告に掲載してもらえません。

「スピリチュアル」と書くと掲載してもらえます。

見えない世界のことは詐欺に利用されやすいです。

人の恐怖心をあおって商売する自称占い師や霊能者の存在には
大変迷惑しております。

しかし、一流のプロの占い師に絶対必要なもの。

それは・・・

 

この見えない世界を読取る感性です。

それを私は霊的感性という意味で「霊感」と呼びます。

言葉というものは、定義付けしないと
人によって、イメージや意味合いが異なります。

「幽霊が見える事」を「霊感」と思っている人が多いようです。

霊を感知するから「霊感」なんでしょうね。

そんな霊感ならば、占いにはあまり役立ちません。

占い師にとって重要な「霊感」とは、

見えているものの物質面ではなく、

霊性(本質)を感知したり

自身の経験や頭を越えた別の次元にアクセスしたりできることです。

私は「あなたも霊なのですよ」とお客様に言う時があります。

お客様はびっくりされて「私が?」と聞き返されます。

肉体の周りを囲む霊体もご本人なのですが

自覚のない方が殆どです。

肉体を持っている霊と持っていない霊だけの違いで

私達は全員、霊なのです。

例えば、宇宙人と言えば

異星人のことだと思っている人が多いのですが

私達地球人もれっきとした宇宙人です。

それと同じことです。

ご自身を霊や宇宙人だと自覚して生きている人は

まだまだ少ないのではないでしょうか?

ちょっと話はそれましたが、

占いに必要な「霊感」の本当の意味をご理解頂けましたでしょうか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館 , 2020 All Rights Reserved.