ブログ 黄麗

占い師として「感性」を磨く!

更新日:

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

学問の占いは、ひたすら勉強するしかありません。

しかし・・・!

感性は勉強するものではありません。

 

 

磨くものです。

人それぞれに感性タイプがありますので、
自分にあったトレーニング法を見つけるのが一番良いです。

今回は参考までに、黄麗が日頃、
実践していることをお伝えさせて頂きます。

私が実践しているのは、下記の様な事です。

瞑想・祝詞・マントラ・掃除・ベジタリアン・断酒

力を抜く・呼吸法・ヨガ・護身術・イメージトレーニング

読書・水墨画・腰骨を立てる・香(お香・香水・アロマオイル等)

入浴時の塩マッサージ・ボディチェック

断酒、ベジタリアンなど、、、
黄麗の生活のことについては、セキララ記事でお話しています。

詳しくは→【波乱万丈の女!占術家・黄麗の半生】 リンク集

私が実践していることを書き出してみると、私はあまり音楽を聴いていないです。

いつもは瞑想の為、静かな空間を好みます。

そのため、音楽を聴くことが少なくなっています。

私にとって、音楽とは・・・

祝詞やマントラがそれに当たります。

瞑想中でも静けさの中に
自然から生まれている音を聴くことができます。

また、次元の違う世界から流れてくる美しい音楽もあります。

ですので、本当はしっかりと、微音の音楽を聴いているのです。

般若心経の中に

「無眼耳鼻舌身意 無色聲香味觸」という言葉があります。

五感で感じている事を心が捉えますが、
本当に正しく捉える事が出来ているのでしょうか?

本人は、自分が感じていることを正しいと思ってしまいがちです。

しかし、そこに疑問を持って頂きたい。

そうしなければ、
錯覚したままの人生を過ごす事になってしまいます。

般若心経は、
「無」という言葉で普段感じていることは錯覚なのだと伝えています。

それを分かる為に、実践していくのですが、

実践は、何を実践するのかは、問題ではないのです。

大切なのは、

その実践を通しての心の状態です。

ちょっと長くなりましたので、
続きはまた明日・・・

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

-ブログ, 黄麗

Copyright© 大阪心斎橋の占いの館 占龍館 , 2019 All Rights Reserved.