天で起こったことが、地でも起こる

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

黄麗のWEB占いはこちらから!(スマホ対応)

 

占星術の理論は、

天で起こったことは、地でも起こるという考え方が基本になっています。

現在の惑星の配置は地球そのものが、

影響を受けています。

その影響下の中に、私たちはいるのですが、

すべての人に同じことが起こるのではなくて、

人それぞれの誕生日惑星の配置図で、

現在の惑星の角度との関係性が違います。

占星術は、その関係性を読み解くのです。

2018年、2019年、土星はやぎ座に位置しています。

太陽星座だけで観ると、

おうし座おとめ座生まれの人にとっては、良い配置となります。

しかし、やぎ座、かに座、てんびん座、おひつじ座にとっては、

厳しい配置となっています。

日本では、星と星の角度を良いとか悪いとか、

吉凶で表現しますが、

英語では、ソフトアスペクト、ハードアスペクトという言い方をします。

悪いではなくて、厳しいと表現します。

実は、このハードな時期に会社で言えば、

昇進があったり、男性だと結婚があったり、

女性だと身重であったりします。

キーワードは、責任、制限、忍耐です。

社会的地位の向上は喜ぶべきことですが、

責任も重くなります。

よって、ハードな時期にそれが起こるのです。

悪い時期だと思っていたら、

喜びごとがあったという具合になるのです。

天で起こっていることの良い意味、悪い意味、

どちらを受け取るかは、日頃の行い思考にかかっています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館 , 2020 All Rights Reserved.