ブログ 黄麗

宇宙との時間のズレ

更新日:

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

黄麗のWEB占いはこちらから!(スマホ対応)

 

西洋占星術では、

宇宙の惑星と地球上で起こる現象に時間のズレを考慮しています。

遠く離れた雷が光って、ドン!と音がするまでの時間差と同じで、

近ければ、光と音は同時に起こるのに、離れれば離れるほど、ズレがでます。

宇宙で考えれば、

その距離から、ズレを考慮しないと、占いは外れてしまいます。

黄麗は、意識が生み出す思念は、光より早いと捉えています。

何万光年先にある星でも一瞬に想いを届けることができます。

しかし、物質的な現象は、

起こってから伝わるまでに時間差が生まれます。

ですので、惑星の角度(アスペクト)を観る時に、

オーブといって、プラスマイナス10度ぐらいまでのズレを考慮するのです。

心の問題は、宇宙と同時と捉えてズレを考慮せず、

現実的な問題はズレを考慮する。

ホロスコープを読む時に、この二通りの考えで読むようにしています。

さて、皆様にお勧めの開運法があります。

それは、夜空の星を観ることです。

何光年もかけて、

星から届くエネルギーに浸ってみて下さい。

最近、星を見上げましたか?

秋の夜空で、南空の高いところをさがすと、4つの2等星が四角く並んでいるのが、

ペガスス座の胴体で、「秋の四辺形」とよばれています。

左上に位置するアルフェラッツは〈アンドロメダ座〉の星に分類されています。

見つけやすいと思います。

星を観ていると、心の浄化が起こってきます。

日常忙しくしておられる方には、特にお勧めです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

-ブログ, 黄麗

Copyright© 占龍館 , 2019 All Rights Reserved.