寿命と死期は違う

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

占いでタブーとされているのは、

人の死期を告げる事です。

 

言葉の定義から言いますと、

寿命というのは、本来の与えられた命の時間。

死期というのは、病気や事故で寿命まで行かずに途中で死んでしまう事、

又は寿命まで生きて死ぬ事、死の時期。

 

私はこれを告げる時は、占いが当たる当たらないよりも、

暗示効果の影響が大きいので危険だと思っています。

暗示によって、本人がそう思い込んでしまった時、そうなる確率がかなり高くなります。

さて、本当のところは、占いで死期を予想できる時は一生のうち、何度もあるのです。

ですから、今生きている人は、それを何度も乗り越えて生きているのです。

宇宙から受けるエネルギーか少なくなる時、そこを死期と予言する占い師もいます。

体力が弱っている時に、受け取るエネルギーも少なくなると、

死期を乗り越えられない可能性が高くなるだけで、

ズバリ占星術上に、死亡時期が書かれているわけではないのです。

なぜなら、宇宙は生き続けているからです。

終わりは書かれていないのです。

 

凶星が重なった時、死の確率が高くなるだけで、また、乗り越えればいいのです。

乗り越えられなかった場合は、そこで終わりますので、予言が当たったようになってしまいます。

寿命に関しては、占星術では、土星が関わっています。

土星は、神話の中でクロノスという時の神様を象徴しています。

土星の公転周期は約30年(正確には29.53216 年)

還暦の60歳は土星が2周公転する時間に等しいです。

3周すれば約年88.5年間 米寿のお祝い

4周すれば118歳

現在人間は120歳まで生きることは可能です。

(本当はもっと可能なのですが、証明がされていません)

世界最高記録保持者は122歳の女性です。

ですので、寿命まで生きるという事は、現代では120歳を指しています。

日本人の記録は117歳の女性です。

土星の公転4周です。

私たちも、何度となく来る死期を乗り越えて、授かった寿命を大切に生きていきましょう。


 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館 , 2020 All Rights Reserved.