ブログ 黄麗

感謝とは、開運法則の心の在り方の土台です。

更新日:

 

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

私は毎朝の日課があります。

祝詞を上げたり、お経を読んだりすることです。

いつも不思議に思うのは、
それをすると、必ず、背中が熱くなります。

さらに、背中から汗が出るのです。

そして最後は、とてもスッキリとするのです。

普通に歌っても、本を音読しても、声を出すだけでは、汗は出ません。

私は、感謝の心が、
自身の身体にとても良い影響を与えているのだと確信しています。

 

毎日の祝詞やお経は、感謝の心で行っています。

もし、歌も音読も、感謝の心で行えば、
きっと、体が熱くなる現象が起こるのではないでしようか?

感謝を込めずに、ただ歌って、読んでいるから・・・

体が熱くならないのだと思います。

心の状態が、体に色々な変化をもたらすことは、
もう科学的にも証明されています。

同じ行為でも、そこに感謝が込められているか、いないか。

それで、状態が変わってきます。

行動する時、いつも心からの感謝を添えて行えば、
それをする本人が幸せを感じるものです。

感謝を忘れない。

忘れれば、幸せから外れてしまう。

感謝して生きることが、幸せへの道です。

何か、心にしこりのある時は、
いつも感謝から、外れている時ではないでしょうか?

すぐに心を感謝で満たすと、そのしこりは解けていきます。

開運法則の心の在り方として、

 

土台となるのが、「感謝」ですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

-ブログ, 黄麗

Copyright© 占龍館 , 2019 All Rights Reserved.