時間と場所の法則

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

 

占いでは「いつ?」とか「どこ?」というように、

時と場を質問されることが多くあります。

行動を起こすとき、タイミングを間違えると、

せっかくの努力が台無しになることもあります。

場所に関しては、行うことが適切である場所かを検討します。

吉方位であれば、より良いので、いくつか候補がある時は吉方位の方を選びます。

最適な時を知るためには、

占星術では、月が星座のどこに位置しているのかを調べます。

それは、人の社会で生きていますから、

人の想いを象徴する月の影響が大きいと考えるからです。

新月から上弦の月(半月)までを第1クォーター

上弦の月から満月までを第2クォーター

満月から下弦の月(半月)までを第3クォーター

下弦の月から新月までを第4クォーター

と呼びます。

第1クォーターと第2クォーターは満月へと向かう月の増光期で、

第3クォーターと第4クォーターは新月へと向かう月の減光期です。

 

下記のように月が星座のどこにあるかで、タイミングを計ります。

その詳しい理由は、今回は割愛致しますが、占星術を深く学べば納得できます。

 

1、新しいアクセサリーや衣服を買ったり、身につけたりするのは、

 月がおうし座やてんびん座にあり増光期。

2、新しい仕事を始めるのは月がおうし座かおとめ座かやぎ座にあり、増光期。

3、ダイエットは月がおうし座か、てんびん座にあり、減光期。

4、旅行は月がふたご座か、いて座にあり増光期。

5、書き物や書類の発行は月が水星と調和座(60度 120度)

6、講演や演説は月がいて座にあり第2クォーター。

 または,月が木星と調和座に向かう時。

7、パーティーを催すのは月がおうし座、ふたご座、しし座、てんびん座、みずがめ座にあり第2クォーター。

8、不動産に関する契約や、各種の契約は、月が土星と調和座に向かう時。

9、移転は、月がおうし座かしし座かみずがめ座にある時。

10、他人への相談事や法律問題は、月が木星に対し調和座に向かう時。

11、お金や物を貸すと戻りにくいのは、月がおうし座かしし座かさそり座かみずがめ座にある時。

12、貸した物の回収は、月が木星と調和座に向かい減光期。

13、借金は減光期。

14、心霊的な事柄やカンが冴えるのは、第2クォーター。

現代は便利なことに、月の場所を調べるには、スマホがあればネットやアプリでできてしまいます。

惑星の位置を調べるのに、分厚い天文歴は必要なくなりました。

占星術のプロでないと分からなかったことが、誰でも簡単に調べることができるようになりました。

チャンスを捕まえやすい時代になりました。キラキラ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館 , 2020 All Rights Reserved.