月の影響力

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。
 

月はその引力で地球に影響を与えています。

 

 

人間の身体は70%から80%の水分を含んでいます。

 

潮の満ち引きは目で確認できるものですが、

人間に及ぼす月の力は目に見えるものではありません。

 

それは、身体から精神にまで、関わってきます。

 

満月の日に交通事故が多いとか、事件の件数が増えるのも、

その影響下に起こっている事です。

 

この月のパワーを上手く使うと、物事がスムーズに運びやすくなります。

 

新月、半月、満月の日は地上の気が乱れやすいので、

大切な事を行う時は、その日を避ける方が良いと言われています。

 

増えたら嬉しい事を始めるのは、新月の次の日から。

 

減った方が嬉しい事を始めるのは、満月の次の日から。

 

自然のリズムと合わせる事で、そのパワーを使えるので、事がスムーズに運びやすくなります。

 

お金を貯めるなら新月の次の日から上矢印

ダイエットに挑戦するなら、満月の次の日から下矢印

が良いと言うことになりますね♪

 

また、月がどの星座の位置にあるかと言うことで、

その星座が意味する事柄に対しての月のパワーの使い方を占星術では学ぶ事ができます。

 

 

魔術レベルに至るまで、月に関するパワーの使い方は数多くありますが、

この基本を知って、何か行う時のタイミングに使って頂ければと思います。乙女のトキメキ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館 , 2020 All Rights Reserved.