物事の本質と分割「五」

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

黄麗のWEB占いはこちらから!(スマホ対応)

東洋の占いでは「五行」という五分割の捉え方があります。

前回の「四」では火地風水の四つの性質による分類でした。

それは西洋占星術で使われています。

東洋の占星術では「五」が使われています。

木火土金水と書いて「もくかどこんすい」と言います。

生年月日から観る〇〇占術の違いは何かと言いますと、この分類の方法なのです。

元は同じ「一」から始まって、陰陽、+-の「二」まではどの占術も同じです。

また、これが違っていたら、法則から外れますので、絶対的な基本です。

その次は、どの視点から物事を捉えるかの違いです。

「三」「四」を飛ばして、東洋の占いでは、いきなり「五」の分割に入ります。

漢字から意味は分かって頂けると思います。

木の性質

火の性質

土の性質

金の性質

水の性質

に物事を分類します。

そして、相性のいいものと悪いものに分けて、判断していきます。

木の性質に相性の良い性質は水と火 悪い性質は土と金

火の性質に相性の良い性質は木と土 悪い性質は水と金

土の性質に相性の良い性質は火と金 悪い性質は木と水

金の性質に相性の良い性質は土と水 悪い性質は火と木

水の性質に相性の良い性質は金と木 悪い性質は土と火

となっています。

世の中の全ての物を5分類して、相性の良い組み合わせと悪い組み合わせを観て

占いの基本にしています。

西洋占星術ではこの「五」分割を「三」と「四」の掛け合わせたもので観ています。

数式にすると「五」≒「三」×「四」となります。

どう分割するかは、捉え方の違いだということです。

では、次回は「六」と「七」のお話をさせて頂きます。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館(対面+オンライン占い) , 2021 All Rights Reserved.