病気の心配

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

 

 

健康一番。

 

誰でも病気のことは心配なものです。

 

出生のホロスコープには、致命的な病気が示されています。

 

肉体の弱い部分が分かります。

 

6ハウスは健康の場所。

8ハウスは生と死に関わる場所。

12ハウスは隔離、入院を表す場所。

 

この場所に関する惑星を観ます。

 

また、太陽、月、火星、土星、守護星がどのハウスに入っているかでも分かります。

 

 

病気をしても、それがホロスコープ上に示されている致命的な病気でなければ、その病気は治ります。

 

それで亡くなる運命ではないからです。

 

 

一般的に土星が出生の太陽か月に凶角を組む時は、病気が出やすいです。

 

それは、その時、急に病気になるのではなくて、

 

症状が出るのが、その時期になるだけで、進行は以前から進んでいるのです。

 

 

宇宙の守りのパワーが弱まる時に、症状が出て、病気の認識が起こるのです。

 

また、タロットカードでも健康状態を観ることができます。

 

それは、病院の検査に引っかからなくても、現在弱っている部分を表してくれます。

 

タロットは現在又は、近い未来のみ有効です。

占星術は生まれ持っている死病と弱点を表します。

 

占術で使い分けをして、観ていくことが大切です。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館(対面+オンライン占い) , 2021 All Rights Reserved.