ブログ 黄麗

直感があっての、「答え」なのです。

更新日:

 

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

日々の中で、色々なサインがあります。

それが、悪い予兆なのか、良い予兆なのか・・・

そういう偶然を占いの答えにするのです。

そのためには、

「これが答えだ!」

そう思える直感が同時に起こったかということなのです。

何か物事に遭遇した時に、

「直感」と判断できるのか?

知識や経験による過去の記憶から出た判断なのか?

これらの違いが分かるかどうか・・・

これが、重要なポイントになります。

そうでないと、

「話をしている時に、クラクションが鳴ったらその話にのってはいけない」

という、迷信の様なものを作りだすことになってしまいます。

実際に迷信とは、そのように生まれてくるのです。

「問い」があって「答え」を頂けるのわけです。

ですから、直感がない状態ではクラクションは、ただのクラクションなのです。

日々、色々なことを考えていると、この直感力が鈍ります。

問いは天に投げて、答えに関しては何も思わない状態の時、

クラクションやグラスが割れたり、

子供が笑顔で寄ってきたりした現象に、

「これが答えだ」という「ひらめき」の感覚が起こるのが直感です。

直感力を磨くのに一番良い実践方法があります。

「朝、目が覚めたら、さっと起きる」


これを毎日、実践することです。

思考が起こる前に、無心で「さっ」と起き上がるのです。

朝、布団の中で「あと五分…」と
ぼーっとする心地良さを捨てなくてはなりません。

「目覚め」は「ひらめき」なのです。

その瞬間を逃さないように、はっきりと意識をして、
さっと起きるという行動を起こすこと。

これが、あなたの直感力を高めてくれます。

「低血圧だから」を言い訳にすると一生出来ません。(私もかなりの低血圧です。)

直感力を磨きたい方は、ぜひ実践してみて下さい。

そして、実践する間に、気づきや変化が起こってきますので、お楽しみに。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

-ブログ, 黄麗

Copyright© 占龍館 , 2019 All Rights Reserved.