精神世界の旅 その108「煩悩を落とす」

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

黄麗のWEB占いはこちらから!(スマホ対応)

 

精神世界の旅

 

その108「煩悩を落とす」

 

「108」と聞いて

すぐに連想してしまうのは

「除夜の鐘」や「煩悩」ではないだろうか?

 

「煩悩」は人が苦しむ元とされている。

 

【煩悩の基本10種類】

 

貧(とん):必要以上に求める欲

 

瞋(しん):許すことができない怒り

 

痴(ち):無知さからくる愚かな行い、愚痴や愚行

 

慢(まん):自分が他人より上であることを示したがる傲慢さ

 

疑(ぎ):信じる心がなく疑り深い

 

有心見(うしんけん):自分の身体に対する感謝の欠如

 

辺執見(へんじっけん):白黒つけずにはいられない極端な思考

 

邪見(じゃけん):因果を否定する考え

 

見取見(けんしゅけん):自分の考えに固執する、偏見

 

戒禁取見(がいごんしゅけん):自分の行動に固執する

 

これを基本に108の煩悩が分類されている。

 

 

自分の苦しみの元が、自分の内側にある。

 

自覚できているものは

改善のためのコントロールは可能だろう。

 

煩悩と上手く付き合えばいい。

 

問題は自覚のない「自分」だ。

 

そして裸の王様のように

周りの人は知っていて

自分だけ知らない「自分」がいる。

 

煩悩の一つをばら撒きながら

相手に不快な思いをさせていて

そこから起こってくる不幸な出来事の

原因となっているのが

よもや自分だとは気が付かない。

 

相手を変えても

場所を変えても

同じことが起こっていたら

原因はただ一つ

自分にあるということだ。

 

 

煩悩を落とすとめには

まずは、自分の内側にあるものを

しっかりと確認していく作業が大切となる。

 

 

それが内観の入り口である。

 

自分の内側を

知らなければ一生知らないままで終わる。

 

周囲に対して、自分の人生に対して

「なぜ?」「なぜ?」と思いながら。

 

 

知ってしまえば

知らなかったことが続く未来を

どれほど恐ろしいことかと

ゾッとする。

 

そして、人生の尊さに感謝しながら

自己変革の旅が始まる。

 

 

つづく…。

 

 

 

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

 

▷月神の力を味方につけたい方は、
ぜひ、毎週配信される「黄麗の精密月占い」にご登録下さい。

大自然の動きの中で、
特に月はその引力で地球に影響を与えています。

満ち潮、引き潮という大海をも動かす大きな力です。

人間の体内にある水分も月の支配を受けています。
よって、月は人の精神にも強く影響を及ぼすのです。

あなたの思考が鈍る危険日を知り、
周囲の人のリズムを把握することに役立ちます。

また不定期で
「見えない世界の力を味方に付ける方法」
をお届けします。

↓↓↓こちらをクリック

◆【黄麗】占術・八柱神について
  もっと理解を深めたい方はこちら!

【黄麗が教える自然法則】法則占術・八柱神を詳しく知りたい方へ・・・

 

◆もっと黄麗を知りたい方はこちら!

【波乱万丈の女!占術家・黄麗の半生】 リンク集

 

◆タロットを学びたい方はこちら!

【タロット占い・当たる神秘のカード】リンク集

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館 , 2020 All Rights Reserved.