精神世界の旅 その109「伊勢神宮の素晴らしさ」

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

黄麗のWEB占いはこちらから!(スマホ対応)

 

精神世界の旅

その109「伊勢神宮の素晴らしさ」

 

前回の伊勢神宮の遷宮の時は

その神聖な行事に参加させて頂いた。

 

外宮は御木曳車で陸曳(おかびき)

 

内宮は五十鈴川を川曳(かわびき)

 

木遣歌と「エンヤ―!」の掛け声で

大きな丸太を引く

御木曳行事(おきひきぎょうじ)は

体力と気力の限界を感じるほど

ハードな体験だった。

 

 

また新宮に御白石を奉献する

お白石持行事(おしらいしもちぎょうじ)では

内宮の天皇陛下しか入ることの出来ない

奥の宮の場所に

白い石を二つ置かせて頂いた。

 

共に貴重な体験だった。

 

伊勢神宮の遷宮は20年ごとに行われるが

その準備の行事は

平成17年から25年10月までと

8年間かけて行われた。

 

 

式年遷宮の制度は

天武天皇のご発意により始まり

次の持統天皇4年(690)に第1回が行われた。

 

長い歴史の間には一時の中断はあったものの

これまで20年に一度

約1300年の長きにわたり繰り返し行われ

前回の平成25年10月で62回目となった。

 

 

次は2033年

次回も参加させて頂ければ

ありがたいと思う。

 

この遷宮から学ぶべきものは多い。

 

それは、20年毎に行われるので

技術や文化の継承ができるということ。

 

そして、まだ使用できる建物を

あえて壊して新しくするということ。

 

手遅れにならない間に

新しく生まれ変わるシステムが

働いているから

現代でも活気にあるれて

存続できている。

 

古いけれど

古くない。

 

そんな在り方から

私たちは何かを学ぶ。

 

伊勢神宮は世界に誇れる

日本の魂だと思う。

 

 

つづく…。

 

 

 

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

 

▷月神の力を味方につけたい方は、
ぜひ、毎週配信される「黄麗の精密月占い」にご登録下さい。

大自然の動きの中で、
特に月はその引力で地球に影響を与えています。

満ち潮、引き潮という大海をも動かす大きな力です。

人間の体内にある水分も月の支配を受けています。
よって、月は人の精神にも強く影響を及ぼすのです。

あなたの思考が鈍る危険日を知り、
周囲の人のリズムを把握することに役立ちます。

また不定期で
「見えない世界の力を味方に付ける方法」
をお届けします。

↓↓↓こちらをクリック

◆【黄麗】占術・八柱神について
  もっと理解を深めたい方はこちら!

【黄麗が教える自然法則】法則占術・八柱神を詳しく知りたい方へ・・・

 

◆もっと黄麗を知りたい方はこちら!

【波乱万丈の女!占術家・黄麗の半生】 リンク集

 

◆タロットを学びたい方はこちら!

【タロット占い・当たる神秘のカード】リンク集

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館 , 2020 All Rights Reserved.