精神世界の旅 その156「幾何学立方体と瞑想」

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

黄麗のWEB占いはこちらから!(スマホ対応)

 

精神世界の旅

その156「幾何学立方体と瞑想」

 

綿棒で幾何学の立体形を作るワークで

現在群馬県の万座温泉に来ている。

 

雪一面の景色の中で

昨日は写真の右側2つの作品を作った。

 

今日は写真の左側2つの作品を

新しく作った。

 

全部で4作品。

 

段々と複雑になってくる。

 

小学生の時から

図工は得意ではなかったが

今回は楽しく作ることができた。

 

作っていると

脳の何かが修復されていく

感じがした。

 

これは、実際にやってみないと

得ることのできない感覚だ。

 

 

幾何学図形に対しての

理論的な知識は持っていたが

綿棒で立体図形を作ることに

どれほどの意味があるのか

初めは理解していなかった。

 

しかし、あえて、作ってみようと思い

ワークへの参加を決めた。

 

ここが、書物を読んで

「頭で考えるだけ」と

「実際に行動する」との

違いが出る所だ。

 

 

決めた形の立体図形を作るには

それが完成するだけの数の綿棒が

一本でも足らないと完成しない。

 

そして、綿棒と綿棒がバランス良く

支え合わないと完成しない。

 

助け合わないと

物事が成就しないことを

立体図形を作りながら

しみじみと感じた。

 

 

正立方体は正方形が

6面組み合わさってできている。

 

正方形の立体というのは

しっかりとして強そうに見える。

 

ところが、綿棒で作ってみると

一番脆いことが分かった。

 

三角形の組み合わせの方が

強度がある。

 

だから

ピラミッドの形が

ああなのが納得できる。

 

家の建築で、四角い建物でも

内側では三角形になるような

組み方がされている。

 

 

作ることに集中していると

一種の瞑想状態に入ってくる。

 

そうすると

内外の世界の至る所に

幾何学立方体を発見できるようになる。

 

特別な形には特別な意味がある。

 

正4面体は「火」

正6面体は「土」

正8面体は「風」

正12面体は「エーテル」

正20面体は「水」

 

そして、球体は「虚空」となる。

これは、西洋占星術の

奥義の部分と繋がっている。

 

幾何学立方体は

まだまだ奥が深い。

 

興味のある方は

「フラワー・オブ・ライフ」という本を

読まれてみるのも良いと思う。

 

そして、実際に作ってみたら

面白いと思う。

 

 

つづく…。

 

【お知らせ】

※令和2年5月に内観EQセミナー
Aコースが開催されます。

3泊4日の内観は精神世界の旅の入り口。

詳しい案内書の申し込みは
下記のHPからどうぞ
内観EQセミナー

 

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

 

▷月神の力を味方につけたい方は、
ぜひ、毎週配信される「黄麗の精密月占い」にご登録下さい。

大自然の動きの中で、
特に月はその引力で地球に影響を与えています。

満ち潮、引き潮という大海をも動かす大きな力です。

人間の体内にある水分も月の支配を受けています。
よって、月は人の精神にも強く影響を及ぼすのです。

あなたの思考が鈍る危険日を知り、
周囲の人のリズムを把握することに役立ちます。

また不定期で
「見えない世界の力を味方に付ける方法」
をお届けします。

↓↓↓こちらをクリック

◆【黄麗】占術・八柱神について
  もっと理解を深めたい方はこちら!

【黄麗が教える自然法則】法則占術・八柱神を詳しく知りたい方へ・・・

 

◆もっと黄麗を知りたい方はこちら!

【波乱万丈の女!占術家・黄麗の半生】 リンク集

 

◆タロットを学びたい方はこちら!

【タロット占い・当たる神秘のカード】リンク集

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館 , 2020 All Rights Reserved.