素直な心で占断する為に

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

黄麗のWEB占いはこちらから!(スマホ対応)

素直な心であることは人間としてとても大切なことだと思います。

この素直という言葉の意味は、

素に直る…素とは

ありのまま

何も伴わないこと

すなわち自分の考えを入れないことです。

占いでは、自分の考えを脇に置くことが大切です。

物事に対しての価値観は人それぞれですが、

出た結果をそのままお伝えするということが占い師の仕事です。

水晶玉が占い師の側にあるのは、水晶のような透明の心の状態を保つためです。

素直に戻るための必須アイテムなのです。

水晶に心を合わせることで、心の曇りを取って浄化をします。

固定概念や悪い言霊の影響を取り除きます。

素直な心になった時に、見えてくるものが「あるがまま」の状態です。

黄麗は占い師というお仕事をさせて頂きながら、毎回自分の心を洗っています。

あるがままとは、善悪の判断を超えた世界です。

その境地にいて、正しい占断が出来ます。

水晶のブレスレットも同じような効果があります。

日常は良くない言霊や、色々な想念が渦巻いています。

そんな中で、透明なもの、清らかなものをいつも見て、

それに同化すれば、素直な心を保ちやすくなります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館 , 2020 All Rights Reserved.