ブログ 黄麗

転職していい時期と悪い時期

更新日:

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。
 

会社を辞めたいとか、変わりたいとか、違うところから誘われているとか、

転職にも色々な理由があります。

 

占星術で転職に悪い時期とは、

土星が出生のホロスコープの太陽と月に凶角を組んでいる時です。

 

この時期は仕事を辞めたくなったりしやすいのですが、

自身のエネルギーも下がっているので、次に良い職場のご縁を得にくいのです。

 

逆に良い時期は木星が吉角を組もうとしている時になります。

この時期は仕事にかぎらず、良いご縁に恵まれやすいです。

 

また、もともと仕事に困らない強運の持ち主もおられます。

その方はいつ動いても働き先は見つかります。

 

仕事を観るときは、10ハウス(社会)と6ハウス(労働)に注目します。

 

タロットで占う時は、ダイレクトに質問をすると、転職して良いか悪いかが出ます。

 

タロットは、遠い未来を観るのには適していません。

現在から3ヶ月以内の事柄に有効です。

 

 

占星術の場合は、的確に何年先でも時期を観ることができます。

 

人間関係で仕事を辞めて転職したい人は、要注意です。

 

どこに行っても同じようなタイプの人はいますので、

新しい職場でも同じ悩みが起こる可能性が高く、転職した事に意味がなくなってしまいます。

 

そういう時は、人を見るのではなく、社風や会社の理念、システムを見ると良いでしょう。

 

動く時は、天のリズムに合わせると、物事が上手く進みます。

 

自分の都合や考えや感情と一致しない場合も多々あるのですが、

 

判断する時は、それを超えないと、同じことを繰り返す要因になってしまいます。

 

辛抱する時期に辛抱して、動いていい時期に動くことが、

良い転職につながります。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

-ブログ, 黄麗

Copyright© 占龍館 , 2019 All Rights Reserved.