適職を観るには

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

 

 

「自分の適職は何ですか?」と、ご質問されるお客様は多いです。

 

職業の種類って、どれくらいあると思われますか?

 

厚生労働省編職業分類2011年改訂版では、17,209種類の職業が掲載されていました。

 

現在はもっと増えていると思います。

 

占い師が伝えるとしたら、

1星座に10種類ぐらい適性の職種を覚えているとして

12星座で120種類も言えれば優秀な方でしょう。

 

 

適職とは、持っている能力を発揮できる所ではないでしょうか?

 

本当にただ一つの職業しか出来ないと言う人は、まず、いません。

 

ですので、私はあまり適職を限定して言うのはどうかと思っています。

 

その職業に就ける素質があると言う事で、お伝えはしますが、

それでない職業でも、

能力が適合するものならば、全てが適職と言えます。

 

好き嫌いは別にして、人間、やれる事は数多くあるのです。

 

また、逆に好きだからと言う理由では、適職とは言えません。

 

きちんと、その仕事をこなす事が出来なければ不適合です。

 

好きは趣味の領域になります。

 

もちろん、好きで仕事もこなせるのが一番理想です。

 

適職を観るのは、出生のホロスコープの太陽、月、火星に注目します。

 

火星は仕事を表す星です。

 

ホロスコープは12ハウスに分かれていますので、

 

1ハウス(自分)、

2ハウス(自分が稼ぐお金)、

6ハウス(健康、労働)、

10ハウス(社会)にも注目します。

 

「適職は何ですか?」と聞くよりも、

「今の仕事は適職ですか?」とか、

「○○の仕事をしたいと思っていますが、適職ですか?」

と聞いて頂いた方が、ハッキリとイエス、ノーを答える事が出来ます。

 

占いをする時は、大切なのは質問の仕方なのです。

 

天から授かった能力を使える場所は全てが適職と言えます。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館(対面+オンライン占い) , 2022 All Rights Reserved.