27話【別世界の幼子】~賢者占人、真成の半生~

大阪心斎橋にある占い館【占龍館】
占い師をしております。真成です。

シリーズ:【過去の後悔、愚かな私、死の体感】賢者占人、真成の半生

私の占い師になる迄にあった、色んな過去の事を記載しようと思います。

 

27話 【別世界の幼子】

最初に訪れた御嶽(神社)で、丸い光のようなものが私の体内に入ってきた。

その時は何が起こったか分からず、その丸い光のことを忘れて過ごしていたのだが、

数か月後に、一人の子供が産まれる夢を見た。

その子供はやがて、私の目の前に現れて視えるようになった。

5~6歳位の男の子。

言葉遣いはまるで大人のように話す。

私は、その男の子を『ヨウ』と呼んだ。
ヨウは修行の時は、私に指示をする。

私が言うことを聞かなければ怒り、

腕や足に物をぶつけたりと痛い思いもさせられた。

他人には視えないヨウの攻撃だが、私にはすべて視えてしまう。

ヨウは、御嶽(神社やお寺)に行くと楽しく遊んでいた。

その姿を見ると身体の痛みや心が癒された。

今思えば、親の気分だ。

つづく、、、

28話【 ヨウの教え 】

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

真成

山や神社などを巡り、あらゆる自然の声に心を傾け、16年の修行を行ってきた。 修行と色々な人と出会う事で「私にも人の役に立つ事が出来ないだろうか」と思い、占いの道へ進む。

Copyright© 占龍館(対面+オンライン占い) , 2021 All Rights Reserved.