37話【語り掛けし者】~賢者占人、真成の半生~

大阪心斎橋にある占い館【占龍館】
占い師をしております。真成です。

シリーズ:【過去の後悔、愚かな私、死の体感】賢者占人、真成の半生

私の占い師になる迄にあった、色んな過去の事を記載しようと思います。

 

37話 【語り掛けし者】

前回、話に登場した小人(お爺ちゃん)と男幼子(ヨウ)。

私に語りかけてくるのは、その者達だけではなかった。

亡き者達も多くを語りかけてくる。

ある者は、私を導くようにみせかけ、

引きずりおろそうと迫る者もいた。

私が目障りだと言い、憎しみ、騙してくるのだ。

ヨウから聞くとその者達の生前体験をさせているということだ。

私の心は泣き崩れたり、また喜びも味わった。

幾度とない感情の振れ幅により、

私の精神は崩壊寸前で、母達が助けてくれた。

 

つづく、、、

次回38話【心】

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

真成

山や神社などを巡り、あらゆる自然の声に心を傾け、16年の修行を行ってきた。 修行と色々な人と出会う事で「私にも人の役に立つ事が出来ないだろうか」と思い、占いの道へ進む。

Copyright© 占龍館(対面+オンライン占い) , 2022 All Rights Reserved.