ブログ 黄麗

「魂世紀」(こんせいき)と共に

投稿日:

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

『黄麗・真理への道』
18回目は「「魂世紀」(こんせいき)と共に」のお話です。

前回の記事はこちら・・・その17・六根清浄

 

田岡満氏の著書「魂世紀」

この一冊の本との出会いから、黄麗の運命は大きく変わった。

修羅の世界に生きていた私が、その世界から脱出することができた。

ただ、本を読んだだけではない。

それでは、ダメだ。

本に書いてあることを実践しない限り、分かったつもりになって終わるだけだ。

私も、著者と同じ、本に書かれてある(P109~)内観セミナーを受講した。

著書に書かれてあるのは、内観によって本人がとんでもなく、

未だかつてないほどに苦しんだことが書かれてある。

悟りの境地に至ったのは、そのあとだった。

そこを通り抜けない限り、その境地に行けないものだ。

今は絶版になっているので、中古品しか手に入らないが、

内観セミナーを受講する方には、「魂世紀」を一読されることをお勧めしている。

そして、内観セミナーを受講して、再び、この本を読むと、また新しい意味で読むことができる。

いかに、自分が分かっていなかったかが分かる。

著書は、新婚10ヵ月、幼子を残しての妻の死から始まる。

実業の世界で生きてきて、死後の世界や精神世界にまったく興味も関心も無かった著者が、

妻がなぜ自殺したのかを知りたくて、見えない世界への探究が始まる。

心霊界と関り答えが見つけられない中で、ある時、友人に誘われて、

軽い気持ちで内観のセミナーに参加してみると、そこで衝撃的なショックを受ける。

そして、内観によって、父を通し、母を通して、本当に大切なものは何だったのかを知ることとなる。

無知の人間から、悟りの一歩へと渡ることができた著者の体験が綴られている。

読み込めば、読み込むほどに「素直」と「感謝」の意味が深まる一冊です。

黄麗も人生の道は違えど、同じ方向に進んでいます。

つづく・・・

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

-ブログ, 黄麗

Copyright© 大阪心斎橋の占いの館 占龍館 , 2019 All Rights Reserved.