14話【忘れられない猫の話】~賢者占人、真成の半生~

大阪心斎橋にある占い館【占龍館】
占い師をしております。真成です。

シリーズ:【過去の後悔、愚かな私、死の体感】賢者占人、真成の半生

私の占い師になる迄にあった、色んな過去の事を記載しようと思います。

 

 

14話【忘れられない猫の話】

私が子供の時、犬や猫を何匹も飼っていた。
その中で、特に忘れられない猫がいる。

その猫は、私の実家で産まれ2ヶ月後、従兄弟達家族に引き取られた。

早くに親猫から離された事で、従兄弟達の胸元を吸ったり

前足で母親に甘えるように踏み踏みしていた。
数年後、諸事情により再び私の家に戻ってきた。

すると私にだけ同じ事をするのだ。

成猫になっても度々そうして甘えていた。

とても可愛いらしく、甘えてくれることが嬉しかった。

ある日、私の前で何かを伝えるかのように長い時間鳴いていた。

その時は何を伝えたいのかが分からず、撫でてやることしかできなかった。

次の日急に家から姿を消した。

近所を探し回ったが見つからない。

きっと、あの時、別れを告げていたのだ。

『ありがとう、さようなら』

今でも愛しい猫。

永遠(とわ)に忘れない。

ありがとう。また会おうね。

つづく、、、

次回 15話 【修行前に来た暗闇】

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

真成

山や神社などを巡り、あらゆる自然の声に心を傾け、16年の修行を行ってきた。 修行と色々な人と出会う事で「私にも人の役に立つ事が出来ないだろうか」と思い、占いの道へ進む。

Copyright© 占龍館(対面+オンライン占い) , 2021 All Rights Reserved.