占術の種類

四柱推命

四柱推命(しちゅうすいめい)は、生年月日で占う、中国陰陽五行説を元にして生まれた人の命運を推察する方法です。中国では、「子平」「三命」「命学」「命理」「八字(パーツー)」などといわれています。

タロット

タロット(Tarot)、あるいはタロットカードは遊戯占いタロット占い)などに使用されるカードのこと。781組がもっとも一般的で、その内訳は1から10までの数札、4枚の人物札をスートとした4スート56枚の小アルカナと、寓意画が描かれた22枚の大アルカナに分けられる。質問とカードの間に、シンクロニシティの原理が働いており、近未来までの質問ならどんなことにも対応できます。

西洋占星術

西洋の占星術は、天体は一定の影響を地上にもたらすというマクロコスモスとミクロコスモスの照応という考えに基づいており、一般的に、占う対象に影響を及ぼすとされる諸天体が、出生時などの年月日と時刻にどの位置にあるかをホロスコープに描き出し、それを解釈する形で占います。

手相

手相(てそう)は、の平に現れる線(掌線)や肉付きをはじめとする手の形態に着目して、その人の性格や才能資質、健康状態、運勢の良否を判断する占い。また(外見的な特徴)に意味付けを行うことで体系付けられたもののうち、手に関する相を扱う言説です。

霊視

霊視(れいし)とは、感性を使って霊的に見ること、つまり肉体的な感覚器は用いずに見ること、あるいは霊的な存在を見ることができます。

霊感

霊感(れいかん)は、が示す霊妙な感応のこと。また、神や仏が乗り移ったようになる人間の超自然的な感覚。あるいは的なものを感じとる心の働きです。 理屈(理知的な思考過程など)を経ないままに、何かが直感的に認知されるような心的状態。

チャネリング

チャネリング (英: channeling, channelling) とは、高次の霊的存在・大聖(神智学で言うマハトマ)・宇宙人・死者などの超越的・常識を超えた存在、通常の精神(自己)に由来しない源泉との交信法、交信による情報の伝達を意味し、アメリカで1980年代に隆盛した「ニューエイジ運動」の中で使われるようになった名称です。

スピリチュアル

英語のスピリチュアル(英: spiritual)は、ラテン語spiritusに由来するキリスト教用語で、霊的であること、霊魂に関するさま。英語では、宗教的・精神的な物事、教会に関する事柄、または、の、聖霊の、の、の、精神の、超自然的な、神聖な、教会の、などを意味します。

九星気学

九星・気学(きゅうせい・きがく)とは、生れた年月日の九星干支五行を組合わせた占術方位の吉凶を知るために使われることが多い。九星術を元に明治42年園田真次郎気学としてまとめたものと、それ以前の九星術と合わせて九星・気学と総称されます。生年月日によって定まる九星十二支と、方位の吉凶を知りたい日の九星と十二支を元に占う。九星と十二支は年・月・日・時のそれぞれにあるが、このうち年と月が運勢に大きく関係するとされる。また、生年によって定まる九星を本命星、生まれ月によって定まる九星を月命星といいます。

九星はある決まった法則で各方位を巡回することになっており、生年月日によって定まる九星と十二支との関係で各方位の吉凶を占います。

姓名判断

姓名判断(せいめいはんだん)とは、人の姓名からその人の性格や人生の趨勢、適職、恋愛の傾向、結婚運・家庭運、かかりやすい病気など、一般に運勢として総称される事柄について解釈を与える手法の一つです。

日本では伝統的に、人の姓名で使用する文字の画数から5つの格数を算出し、それらに与えられた伝統的・経験的な解釈に基づいて解釈を行うものが主流を占める。また、姓名の音(母音)に着目する流派も存在します。

数秘術

数秘術(すうひじゅつ、英: Numerology)とは、西洋占星術易学等と並ぶ占術の一つで、ピタゴラス式やカバラ等が有名です。「数秘学」とも言う。 一般的な占術の方法は「命術」で、占う対象の生年月日西暦)や姓名などから、固有の計算式に基づいて運勢傾向や先天的な宿命を占う方法です。

(えき)は中国の占法。『易経』,正確には『周易』に基づいて行われる。陰,陽という相対的な2つの原理の結合交錯の変化によって宇宙の万象は形成,消長するとし,その変化の過程を占う(易とは「変化」を意味する) 。そのために,陰,陽を象徴する画(陰爻〈こう〉,陽爻) 3本ずつ組合せて8種の卦() を作り,さらにそれを2つずつ重ねた 64種の卦にそれぞれ意味をもたせ,筮竹と算木を用いて卦を求め判断を下します。

風水

風水(ふうすい)は、古代中国の思想で、都市住居建物などの位置の吉凶禍福を決定するために用いられてきた、の流れを物の位置で制御する思想。「堪輿(かんよ)」ともいいます。

レイキ

手をかざす、または直接相手の体に手を置いて、生命エネルギー「レイキ」を流し込むという考え方・実践です。

紫微斗数

紫微斗数(しびとすう)太陰太陽暦をもとにした占術。主に生年月日時を基にして個人の特性や巡ってくる運勢を占う、いわゆる命占術の一つ。 配置は異なっているが、西洋占星術のハウスと同じ概念の十二宮へ暦から算出される星を配置し、その星の吉凶象意から占う。星の配置にあたっては、天体の実際の位置は考慮されません。

更新日:

Copyright© 占龍館 , 2019 All Rights Reserved.