30話 【時を選ぶ】~賢者占人、真成の半生~

大阪心斎橋にある占い館【占龍館】
占い師をしております。真成です。

シリーズ:【過去の後悔、愚かな私、死の体感】賢者占人、真成の半生

私の占い師になる迄にあった、色んな過去の事を記載しようと思います。

 

30話 【時を選ぶ】

修行と言っても当時は修行とは思っていなかった。

ただ、ひたすらに誠心誠意、『つとめ』ていた。

私は始めヨウから聴いた事と、

パートナー達との話し合いで動いていた。

チーム活動みたいなものだ。

自分だけが聴いた事を実行する事はあまりない。

あるとしても、私と母だけで行動をする。

私と母とでつとめる時は、一族(先祖)のつとめが多かった。

この『つとめ』を始めた1~2年目は聴く事出来ても、

その意味が分からないから、そのまま、親達に話していた。

『感覚』をそのまま言わされている、という感じだった。

​​​​​​​

つづく、、、

31話【ウチナ―(沖縄)】

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

真成

山や神社などを巡り、あらゆる自然の声に心を傾け、16年の修行を行ってきた。 修行と色々な人と出会う事で「私にも人の役に立つ事が出来ないだろうか」と思い、占いの道へ進む。

Copyright© 占龍館(対面+オンライン占い) , 2021 All Rights Reserved.