7話【父方のオバァー】~賢者占人、真成の半生~

大阪心斎橋にある占い館【占龍館】
占い師をしております。真成です。

シリーズ:【過去の後悔、愚かな私、死の体感】賢者占人、真成の半生

私の占い師になる迄にあった、色んな過去の事を記載しようと思います。

 

7話 【父方のオバァー】

父方の祖母は、私が7歳の時亡くなった。
片目に猫の目を入れていた。

猫目のオバァー(祖母)と呼んでいた。
私は、オバァーに叱られた記憶がない。
あるのは、飼っていた猫5匹と良くケンカしていた事。

両目の見えないオジィー(祖父)とのケンカ。

話しても会話をしてくれなかったオバァー。

思い出はあったと思うが記憶にない。

笑顔も嬉しい顔も覚えていない。

私には怒らなかったが、基本的に怒っている記憶ばかりだ。
正直良い思い出が欲しかったと思う。

なぜ?
オバァーが居なければ私は産まれていないからだ。

オバァーとの思い出は少ないけれど
生きて出会えた事に感謝している。

少しだけど、私に記憶を残してくれて感謝。
もしかしたら、それがオバァーの愛情だったのだろう。

つづく、、、

8話【父方のオジィー】

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

真成

山や神社などを巡り、あらゆる自然の声に心を傾け、16年の修行を行ってきた。 修行と色々な人と出会う事で「私にも人の役に立つ事が出来ないだろうか」と思い、占いの道へ進む。

Copyright© 占龍館(対面+オンライン占い) , 2021 All Rights Reserved.